思うこと

ステロイド軟膏を塗るのを止めて2週間経ちました

以前に書いた文章ですが、改めて自分の為にもそうですが、誰かのお役にたてばと思いシェアします。息子氏、今も敏感肌さんではありますが、元気なお肌しています。

息子氏、ステロイド軟膏を塗るのを止めて2週間経ちました。
止めたら赤い小さなプツプツがうぁっと出て、いろんな人に、大丈夫なの?かゆかゆさんだね、かわいそう、お薬塗ってあげてね、等々言われ…。
 
そこでいつもなら、私の心が折れてステロイド軟膏を塗る…ピカピカ肌になる…徐々に減らす…また肌荒れの繰り返しでした。
あくまで個人的ですが、私は、本当は塗りたくない。
だから塗るたびに息子にごめんねと思い、それでも周囲のかわいそうって言葉に強く対抗できない自分の弱さを見せられるようで、重苦しさを私自身の心にも塗り重ねているような。

でも、今回はすっぱり止めました。

息子氏7カ月になり、一般的にはそろそろ離乳食の時期です。
小児科の先生から、肌荒れのお顔のまま離乳食を始めたら、そこからアレルゲンが侵入してアレルギーになることもあるので、ワセリンをたっぷり塗って食べものやよだれが直接肌につかないようにしてみてね、肌荒れ、治してあげたいなぁと言われました。

私は、なんだか違和感…。

ワセリンで肌に蓋をするって、息苦しくない?私はファンデーションはできるなら塗りたくないし。
治してあげたい…って、言葉にもざわざわ。

先生はたくさんの子どもたちを見てくださっているし、私は医学的なことは分からないかけれど、じゃあ、離乳食を始める前に薬断ちをしよう、塗らなくなったらきっとまた肌荒れさんになるし!今のうちに!と思って。 

夫にも、両親にも、保育園先生たちにも、「お薬を止めたので、しばらく肌荒れで心配させるかもしれませんが、この子の自分で治す力を信じてみたい」と話しました。
ちゃんと自分の気持ちを伝えたら、思っていた以上に自分が楽になりました。

真っ赤っかになったけど、赤くただれてジュクジュクした感じだったのが今は徐々に枯れてきました。

便秘気味でおならも臭ったのが少しよくなって、うんちも赤ちゃんの黄色で酸っぱい臭いのうんちに戻ってきた!
(息子はまだ母乳を飲むので、私の腸内環境を整えるように意識して生活を。私も息子も腸子いい感じ笑)

今回は肌荒れがきっかけだけれど、息子の全体を見る、この子の自分で治す力、この子自身を信じる、という体験をさせてもらってます。 

息子の肌がこれからどうなるか分かりませんし、必要なときはお薬に頼るときもあると思います。
私の、母としての、違和感に蓋をしないということがこんなにすっきりした気持ちでいれるんだ!というのも想像以上の発見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です